株式会社マツミ matsumi

親兄弟メンバーズ

暑い夏がやってくる前に 遮熱塗料で涼しく省エネ♪

こんにちは(^^)/

広報営業部 はらです♪

今日は 朝から気温が高く 

事務所にいると窓を開けないと熱いぐらいでした。

 

さて、毎年夏になると、熱中症のニュースや暑さの観測記録が取り上げられ

この10年ほどで「猛暑」や「酷暑」という言葉も一般化されたほどです。

ここ数年、お客様からのお問合せでも増えてきている「遮熱塗料」。

今回は、遮熱塗料についてご紹介いたします。

 

■遮熱塗料にはどのような効果があるの?

太陽の光エネルギーは約50%が赤外線、約47%が可視光、残りの3%は紫外線から

成り立っています。

遮熱塗料にはこのうちの赤外線を効率良く反射させる効果があり、

その分の熱エネルギーを抑えることが出来ます。

 

屋根から伝わる熱で暑くなる室内をエアコンで冷やそうとすれば、

それだけ電気代がかかってしまっていますが、

少しでも室内の温度が下がっていれば

エアコンの温度設定が緩和されます。

 

■建物の遮熱ってどういうこと?

太陽の光エネルギーが屋根に当たることで

熱エネルギーに変化し、屋根そのものの温度が

上がり熱くなってしまいます。

屋根から熱が室内に伝わり、室内の温度も次第に上がります。

そこで、太陽の光を反射させてしまえば屋根の温度上昇を

最小限に抑制します。

これが建物における「遮熱」です。

 

■遮熱塗料の色によって効果は変わるの??

 

色の明るさが大きく影響します。

色選びのコツは、塗替え前よりも

全日射反射率が高くなる色相を選ぶことです。

一般的に淡彩系の色相は全日射反射率が高まりますが、

色選びには地域の景観や近隣の建物にもご配慮ください。

 

 

■断熱材との違いは?

同じような効果があるように見えますが

実は意味合いが違います。

太陽熱高反射は、太陽の光エネルギーを

鏡のように反射することで

熱を発生しにくくする技術のこと。

いっぽうは断熱は、断熱材を布団のように分厚くして

熱を伝わりにくくする働きを持ちます。

 

■屋根や室内の温度はいつも一定?

 

遮熱塗料で屋根を塗り替えても、屋根や室内の温度は

常に一定の下がり方をするわけではありません。

室内の温度を上昇させるのは、主に屋根から伝わる太陽熱や外気温の働き。

しかし、太陽の角度や風の強さ、屋根の素材、色、換気やエアコンによって

温度上昇率は変化します。

また、機械や電気製品の稼働率や人・モノの多さなども

温度を左右する大きな要因になります。

 

年々、暑さが厳しくなるにつれて

屋根の遮熱塗装もスタンダードになっていきます。

 

 

ちなみに・・・

人気の遮熱塗料は・・・

 

  1. 日本ペイント「サーモアイ」
  2. エスケー化研「クールタイト」
  3. 関西ペイント「アレスクール」
  4. ミラクール「ミラクール」
  5. 日本特殊塗料「パラサーモ」

近年、様々な機能を持った遮熱塗料が出ていますので

一度ご検討ください(*^^*)

 


マンション改修工事でご相談されたい方は、「ブログを見ました!!」とお気軽にお電話ください♪
現地調査、お見積りは無料です!

お気軽にお問合せください♪お問い合わせはコチラ

~親兄弟の建物と思い工事させていただきます~
株式会社マツミ
本社:〒567-0011 大阪府茨木市高田町25番11号
フリーダイヤル:0120-860-488
E-mail:gaiheki-support@matsumi55.co.jp
URL:http://www.www.matsumi.org/gaiheki
facebook:http://www.facebook.com/oyakyoudai/

CONTACT問い合わせ/資料請求

専門スタッフが対応いたします!お気軽にご相談ください。