コンクリート構造物の補修・補強工事なら大阪茨木市の株式会社マツミへ

各種工事・工法Method of Construction

コンクリートの補修・補強・剥落防止工事

当社は20年以上前からコンクリート製の橋梁、飲料水タンク、高速道路の床板等の補修工事の実績を積み上げてきました。
経験豊富な社員・工事スタッフが全国どこにでも赴任し、工事竣工までのお客様のニーズにお応えいたします。

  • 橋梁
  • 高速道路の床板
  • トンネル
  • 飲料水タンク・貯水槽

コンクリート剥落防止工事

コンクリートの剥落事故が発生すると重大な人身災害を引き起こすことになりかねません。これらの剥落による事故を防止するため、3軸ビニロン剥落防止工法など、各種のコンクリート剥落工法を提案しております。「ボンド KEEPメンテ工法」「ダイナミックレジン工法」「スケルトンクリアーコーティング工法」など様々な工法をご提案しています。

マツミでは下記の工法や施工をご提案しております。

【レジガードHGはく落防止システム】 【レジガードシステム】 【ボンドキープメントVM-3工法】【タフガードスマートバルーン工法】 【タフガードQR工法】 【タフレジンME-A工法】 【デンカHV工法】

  • 橋脚
  • 高速道路の橋梁
  • トンネル

繊維シート接着補強工事

繊維シート接着補強とは、コンクリートの耐荷性能や剛性などの回復や向上を図り、含浸接着樹脂により炭素繊維シートやアラミド繊維シートを既設コンクリート部材の下面や側面に接着すると同時に、含浸接着樹脂により繊維間を結合して、FRPを形成し、鉄筋量を増加させたことと同様の効果を得る工法です。

マツミでは下記の工法や施工をご提案しております。

【炭素繊維シート補強補強】 【アラミド繊維シート補強】 【ガラス繊維シート補強】

  • 橋脚
  • 高速道路の橋梁
  • トンネル
  • 飲料水タンク・貯水槽

ひび割れ補修工事

ひび割れ補修工事は、既設コンクリート構造物のひび割れの要因や特性に対し、「注入工法」や「充填工法」、「表面含浸」などひび割れ補修に 有効な工法及び材料を選定し、施工します。実際の補修工事では、ひび割れの発生原因や状況、ひび割れ幅の大きさ、ひび割れの挙動の有無、内部の鉄筋腐食の有無などの状況から判断して、適した工法及び材料を選択して工事を行います。
マツミでは下記の工法や施工をご提案しております。

【低圧注入工法】 【高圧注入工法】 【止水工法】 【Uカット充填工法】 【Vカット充填工法】【ボンドシリンダー工法】

  • 橋脚
  • 高速道路の橋梁
  • トンネル
  • 飲料水タンク・貯水槽

コンクリート断面修復工事

断面修復工事は、浮き、剥落、剥離、内部欠陥、塩害、アルカリ骨材反応等、既設コンクリート構造物の欠損したコンクリート断面や許容限度以上の劣化因子を含む コンクリート部分を除去して,埋戻しなどにより性能および形状・寸法に回復することを目的としています。
マツミでは下記の工法や施工をご提案しております。

【左官工法】  【モルタル注入工法】

  • 橋脚
  • 高速道路の橋梁
  • トンネル
  • 飲料水タンク・貯水槽

コンクリート面保護塗装工事

コンクリート面保護塗装とは、ンクリート表面を塗装材により被覆する工法です。 表面保護工法の目的は、コンクリート構造物の劣化原因(水、酸素、塩分、炭酸ガス、硫酸等)のコンクリート内への浸透防止、汚れ防止のほか、周囲環境との調和を図るための美観対策が挙げられます。
マツミでは下記の工法や施工をご提案しております。

【レジガードシステム】

お問い合わせCONTACT

現地調査・お見積は無料です。
まずはお電話かメールフォームより今すぐご相談ください。

arrow_drop_up